コロソ粒剤 (農耕地でも使用可能)

使用方法

【農耕地、林地、草地及びこれらに隣接する農道等にある営巣地の場合】
1)本剤約25粒を紙包みとし、巣穴に投入する。使用量は通常10アール当り、本剤250〜500gとなる。毒餌施用後は、喫食箇所に対して、3〜5日間連続配置する。

【貯穀倉庫の場合】
2)一箇所当り約25粒を数箇所に配置する。使用箇所及び使用量は適宜増減する。毒餌施用後は、喫食箇所に対して、3〜5日間連続配置する。

使用上の注意

・人間や家畜には有害ですから使用ならびに保存には十分に注意し、万一誤食したときは吐き出させ、直ちに医師の手当てを受けてください。
手についたときはせっけん水でよく洗ってください。
食品と区別し、小児の手の届かない場所に保管してください。

コロソ粒剤 (農耕地でも使用可能)

・この商品は農薬です。
 (農水省登録 第12073号)
・有効成分としてインダンジオン系のクロロ
 ファシノンを0.010%含有しており、
 低濃度で十分効果が発揮できます。
・ワルファリン抵抗性のネズミにも効果が
 あります。
・ネズミの好む成分が配合してありますの
 で、喫食性に優れています。
・農薬登録済みなので、農地でも使用でき
 ます。

クロロファシノン

200g

数量:

価格 1,080 円(税込)